新築注文住宅
  • ホーム
  • ソーラーサーキットの家

こだわりの注文住宅

市川建設では、「夏に涼しく、冬に温かく過ごせる家」を提案しています。これは、「ソーラーサーキット」といって、「高気密高断熱」「二重通気層」を組み合わせた技術によって作る家です。ソーラーサーキットの家は、単純な外断熱工法で作った家よりも快適に過ごせて、長期優良住宅に登録する基準も十分に満たしている家です。

ソーラーサーキットの家

ソーラーサーキットの家は、「SC技術者研修」「SC特約検査」などの研修を通って認定されたSCグループの契約工務店のみが施工できる注文住宅の商標です。

ソーラーサーキットの仕組み

簡単に言ってしまうと、高密度のぶ厚い断熱材で土台~木構造~屋根下地まで全てをすっぽりぴっちり覆い、その断熱材の外側と内側に空気層をつくる工法です。ポイントは、夏の[2重通気]と冬の[高気密高断熱]です。


  • 一般的な家の外側
  • 一般的な家の部屋側
  • ソーラーサーキットの家の外側
  • ソーラーサーキットの家の部屋側

ソーラーサーキットの家では、専用の高気密樹脂サッシを使用します。アルミサッシに比べて熱伝導率が1/1000なので、結露と無縁です。サッシも含めてソーラーサーキット工法です。

二重通気

二重通気夏場、締め切った家に帰ってきてムアッとした経験は誰しもあると思います。通気をしていない空間というのは、外装材や天井裏に外気温が蓄積されて気温以上に暑くなりなす。これと同じ事は壁の内部(柱の厚みの空間)でも起こっています。ソーラーサーキット工法では、[外装材の熱をカットする高断熱外断熱+アウターサーキット(外部通気)]&[ダンパー(通気口)解放により床下~小屋裏まで壁内部の蓄積熱を外に逃がすインナーサーキット(内部通気)]により、部屋の中に外気温が蓄積されないようにします。帰ってきた部屋で、窓を開けて扇風機をかけるイメージです。

高気密高断熱

高気密高断熱逆に冬場は、床下と小屋裏を閉め切ってしまう事で、高気密外断熱が部屋の中の暖まった空気+地熱による壁内部の蓄熱を外部に漏らしません。また、高断熱素材+外部通気層(アウターサーキット)により外装材のひんやりを躯体内部に伝えません。魔法瓶の構造に似ています。

他にもこんな特徴があります

結露ストレスがない

結露の最大の原因は、材料面と室内の空気の温度差です。木造住宅で言えばサッシのガラス面及び鋼材のフレームが一番の結露の原因です。ソーラーサーキット工法では、アルミサッシの1/1000の熱伝導率の樹脂サッシを使用し、さらにガラスも熱伝導を最小限に抑える最上級Low-eガラスを使用。加えて壁面の二重通気高気密断熱により、全くと言って良いほど結露が発生しません。

シロアリに強い

通常シロアリ対策というと、薬品散布が一般的ですが、ソーラーサーキット工法ではシロアリ除けの薬品を使いません。使用するのはターミメッシュフォームシステムという物理的にシロアリの侵入を防ぐ防蟻法です。薬品と違い効果は半永久的に続きます。この防蟻法で現在まで全国でシロアリ被害は出ていない、確かな実績のある工法です。

万全のシックハウス対策=健康住宅

結露が無い事により、アレルギーやアトピーの原因になるカビやダニの生息しやすい環境を防ぎます。また通常の薬によるシロアリ対策ではなく上記の防蟻法の使用、出来る限りの自然素材の使用、F☆☆☆☆の建材の使用により、有害物質による健康被害への対策を行っています。そして独自の機械換気システムにより、家の中を常にきれいな空気に保ちます。花粉もシャットアウトします。

光熱費の節約・排出Co2の削減=省エネ住宅策

過去に住んでいた住居と比べ、電気料金が安くなります。夏は涼しく冬は暖かいので、単純に冷暖房器具を使用する機会が激減し、設定温度も上げすぎ下げすぎにならないからです。Co2排出量の少ない、環境エコ住宅です。弊社の社長自宅もSC工法で2003年に新築建て替えをしたので、参考に建て替え前とSC工法で建て替えた後の電気料金を記載します。建て替え前はオール電化ではないので、下記電気料金+ガス料金ですが、建て替え後はオール電化なので、光熱費が全て含まれて下記の料金です。それでも建て替え前より1.2倍程度安くなっています。

建て替え前

01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
38070
34341
28880
23517
16638
16803
38096
32834
20107
24230
33398
54809

合計:361723円

建て替え後

01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
38460
38424
31595
18233
11629
15133
21375
27048
17969
15685
28287
34454

合計:283632円

ソーラーサーキットの欠点

どんな工法にも、あちらを立てればこちらが立たずという欠点が存在します。どのような宣伝媒体も営業マンも、商品の長所をお客様にお伝えする事は得意です。ですが家造りは、多くのお客様にとって一生に一度の一番大きなお買い物であるはずです。きちんと、これから建てようとしている家の長所と短所を把握しましょう。そして自分達のプラン(家に求めるもの)と照らし合わせ、最適な選択をしましょう。ここでは、1年を通して快適に過ごして頂く事に重点を置いたSC工法の欠点をあげます。

家の中の音が響く

欠点体感度:

非常に気密性の高い外断熱工法で、断熱材もぶ厚いので、外の音が聞こえにくく中の音が反響しやすいです。更に壁内部(インナーサーキット)も通気層としてグルっと回っていますので、反響させながら音を伝える原因になります。

外壁材の重さによって使用制限がある

欠点体感度:

レンガ・石材等の下地材を含めた重量のある(1㎡あたり40kg以上)外壁には使用制限があります。しかし一般的な外壁材(サイディング、左官塗り壁、鋼板)では何の問題もありません。

結局システムが難しくて分かりにくい

欠点体感度:

高気密高断熱・2重通気層って言っても、結局他の外断熱とどう違うの?絵を見て専門的な説明を見てもさっぱり分かんない!というお客様もいらっしゃいます。おっしゃる通りです。SC工法は、取り扱う我々も勉強・研修を必要とする工法です。きちんとご説明させていただく為に、少々お時間を頂戴するかもしれません。またお知り合いの方にお客様ご自身が説明する時も、一言で表せないだけに少し困る機会もでてくる可能性がございます。

工事期間が長い

欠点体感度:

通常の内断熱木造軸組工法は、基礎着工から工事完了まで、およそ4~5ヵ月です。しかしSC工法の場合、着工から工事完了まで6~7ヵ月かかります。

環境によって乾燥する

欠点体感度:

住む地域と立地条件によって変動するので数値の断定はできないのですが、多くの場合SC工法の住宅は乾燥すると言われています。特に暖房器具を使用した場合の冬場の湿度は、30%未満になる場合もあり、加湿器や洗濯物の室内干し等の対策が必要になってきます。

価格が高い

欠点体感度:

SC工法の最大の欠点です。快適な住み心地、省エネ性、高い耐久性とどれをとっても現在の木造住宅では「最高レベルの工法」だと信じて手掛けています。それらを実現するために、頑丈な基礎、高性能な樹脂サッシ、外断熱の施工、高気密の施工、換気システム、どれをとっても最高峰の施工レベルと材料を使用している為、それらの積み重ねでどうしても費用がかかってしまいます。

実際に体感してみてください

ショールーム

実際にご体感いただくのが一番ソーラーサーキット工法の良さをご理解していただけます。ご宿泊も可能なモデルルームがございますので、是非夏や冬に違いをご体感ください。見学希望の方は当社までご連絡くださいませ。

ご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ
ページの先頭へ