太陽光発電

太陽光発電が広がっている理由

電気をつくる為には発電設備が必要です。火力・水力・風力・原子力等、発電方法は様々な種類があり、私達が普段使っている電気はいずれかの方法で電力会社が発電した電気です。このうち6割以上は火力発電で、この発電方法はCo2を排出します。
太陽光発電はCo2排出0なので、普及するほど全体的なCo2削減が望めます。補助金や電力の買い取り等、政策として奨励されている理由の一つです。

何年くらいで元がとれるの?

環境に良いと言っても、高いお金をかけて導入するワケですから地球単位ではなく実生活でのメリットが無ければ、導入は難しいですよね。ズバリ金銭面でのメリットはどんなものなのか、という点が一番の関心ではないでしょうか。実はこれ、家の形状、家族構成、オール電化か否か等により、「絶対に○○年でもとがとれる」というような断言はできません。なりふり構わず勧めてくるセールスにはご注意下さい。特に既存の住宅に導入するリフォームの場合、きちんとした建設業者でシミュレーションしてもらい、大体の試算をしてからにしましょう。

太陽光発電導入実例

下記は実際に弊社で太陽光発電を施工させていただいた住宅の料金実例です。

Aさんの導入実例

2007年新築 ソーラーサーキット工法 木造2階建て36.74坪 大人2人 太陽光発電5.25kw オール電化

発生電力量 販売電力量 電力販売率 購入電力量 販売金額(※1) 支払い金額(※2) 差し引き電気量
1月 640 565 88.3% 2,638 -27,120円 17,874円 -9,246円
2月 437 437 100% 2,263 -20,976円 15,519円 -5,457円
3月 571 366 64.1% 2,076 -17,568円 14,442円 -3,126円
4月 582 526 90.4% 2,057 -25,248円 13,738円 -11,510円
5月 735 687 93.5% 551 -33,456円 3,708円 -29,748円
6月 664 517 77.9% 250 -24,816円 1,511円 -23,305円
7月 659 416 63.1% 239 -19,968円 1,623円 -18,345円
8月 667 570 85.5% 271 -27,360円 2,331円 -25,029円
9月 545 553 101.5% 254 -26,544円 2,121円 -24,423円
10月 412 423 102.7% 300 -20,304円 2,331円 -17,973円
11月 539 369 68.5% 1,238 -17,712円 8,863円 -8,849円
12月 551 423 76.8% 2,173 -20,304円 15,228円 -5,076円
合計 7,002 5,852 83.6% 14,310 -281,376円 99,289円 -182,087円

※1 販売金額という部分が過剰発電分を電力会社に売った金額です。
※2 支払金額という部分が電力会社から電気を購入した金額です。

  • 年間182000円の収入。オール電化でガス、灯油一切使用していません
  • 新築以前は月平均8000円電気料金を使用。太陽光発電導入費:2500000円
  • オール電化+太陽光発電導入前は”8000×12=年間96000円”の電気料金支払い、更にガス料金と冬場の灯油購入で、年間光熱費で約150000円の支出でした。これがオール電化+太陽光発電導入導入後は、年間182000円の収入、更にガスと灯油は使用しないので、その差額は約332000円になります。
  • 新築なのでオール電化切り替え料金は算出できませんが、太陽光発電システムの料金2500000円は約7年半でもとがとれる計算になります。

お客様の声

光熱費の削減・省エネエコ等のメリットの部分と、高い導入費・本当にシミュレーション通りの光熱費になるのか?等の不安やデメリットの部分を熟考して、思い切って太陽光発電導入を決めました。結果、今ではやって良かったなと思っています。モニターを見れば購入電力と売電分の電力が一目でわかるので、以前より節電の意識も高まりました。

普段からエコを意識しているご夫婦で、さらにソーラーサーキット工法のため購入電力がかなり少なめです。年間182000円の収入があり、8年で元をとって以降はちょっとした収入源ですね。

Bさんの導入実例

2010年リフォーム 木造平屋建て45坪 大人2人 太陽光発電8.4kw オール電化

発生電力量 販売電力量 電力販売率 購入電力量 販売金額(※1) 支払い金額(※2) 差し引き電気量
1月 964 690 71.6% 1,907 -33,120円 35,693円 2,573円
2月 825 646 78.3% 1,784 -31,008円 34,916円 3,908円
3月 1,177 1,004 85.3% 1681 -48,192円 32,691円 -15,501円
4月 1,115 955 85.7% 749 -45,840円 16,592円 -29,248円
5月 906 697 76.9% 364 -33,456円 12,849円 -20,607円
6月 876 778 88.8% 440 -37,344円 13,699円 -23,645円
7月 1,070 805 75.3% 525 -38,640円 14,957円 -23,683円
8月 925 811 87.7% 704 -38,928円 17,899円 -21,029円
9月 906 817 90.2% 475 -39,216円 14,923円 -24,293円
10月 794 697 87.8% 498 -33,456円 16,022円 -17,434円
11月 730 546 74.8% 1,145 -26,208円 26,656円 448円
12月 776 629 81.1% 2,056 -30,192円 41,960円 11,768円
合計 11,064 9,075 82.0% 12,328 -435,600円 278,857円 -156,743円

※1 販売金額という部分が過剰発電分を電力会社に売った金額です。
※2 支払金額という部分が電力会社から電気を購入した金額です。

  • 年間156,000円の収入。オール電化でガス、灯油一切使用していません。
  • 導入以前は月平均20,000円電気料金を使用。
  • 太陽光発電導入費(屋根葺き替え工事含み):6,880,000円。
  • オール電化切り替え工事費:690,000円
  • オール電化+太陽光発電導入前は”20000×12=年間240000円”の電気料金支払い、更にガス料金と冬場の灯油購入で、年間光熱費で約330000円の支出でした。これがオール電化+太陽光発電導入後は、年間156000円の収入、更にガスと灯油は使用しないので、その差額は約486000円になります。
  • オール電化切り替え料金690000円、太陽光発電システムの料金6880000円は約15年半でもとがとれる計算になります。

お客様の声

ウチは平屋で屋根が広いので、太陽光発電を導入すればかなりの発電量になるのではないかと思い、相談しました。発電モジュールをたくさん乗せられるという事は、発電量が多い分、予算もかかるという事でした。算出していただいた光熱費シミュレーションを元に主人と相談して、先を見据えて考え、やはり導入する事にしました。年間でプラスの収支になっているので、満足しています。

太陽光発電導入までの流れ

太陽光発電導入までの流れ

ご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ
ページの先頭へ